So-net無料ブログ作成
検索選択

光圀伝 [本]

読み終えました[かわいい]



光圀伝




光圀伝







時代劇の水戸の黄門様とのギャップ
自分的には一番面白かったです。

ほかの作家さんの黄門様像を見てみたくなりました。






nice!(1)  コメント(0) 

読み聞かせ―1年生― [本]

先日読み聞かせに行ってきました。

今回は1年生。

先生からのリクエスト
「地獄」について書かれてある本。
「出来れば極楽にも触れてあるものを」
と。。。


いや~、超難問。



で、読み聞かせのメンバーと情報交換しながら選んだものがこちら。





絵本地獄―千葉県安房郡三芳村延命寺所蔵





そうべえごくらくへゆく (童心社の絵本)





くもの糸










この3冊を持ってクラスに行き
子どもたちにどれを読んでもらいたいか聞きました。


で、子供たちが選んだのは
「くもの糸」





結構長いし、言葉遣いも難しいのに
よく聞いてくれて本当にびっくりしました。


少し時間が余ったので、「地獄」をぱらぱらと見せて
終わりました。


で、「地獄」は読まなくて正解だったかも。
ぱらぱら見せただけでしたが
「夜思い出しそう。。。」とか「怖かった。。。」とか口々にいっていました。





しかし、今回は先生のリクエストで選本したのですが、もう少し説明が欲しかったですね。
どういう意図でこういう本をお願いしたのかと。

あと、時間も[あせあせ(飛び散る汗)]
結構切羽詰って読み込めなかったのが残念[バッド(下向き矢印)]

nice!(1)  コメント(3) 

焼かれた魚 [本]

今度長女がオペラに参加します。


新しいうたを創る会
第8回 名古屋初演演奏会

第1部「焼かれた魚ー独唱・合唱とピアノのためにー」



こちらの演奏会に長女が所属する合唱団が
合唱として参加します。


この作品こちらの童話を元にかかれたものです。





白い皿の上にのった焼かれた秋刀魚は、たまらなく海が恋しくて、さめざめと泣いておりました。そして、猫に頬の肉をやることを条件に、海へ連れていってくれるよう頼みました…。自由への渇望と郷愁が漂う傑作童話。英文対訳。 〈アマゾンさんからのコピペ〉


子供に読み聞かせるのはちょっと引く内容ですね。
長女が何度も歌っているのを聞いて、悲しくなりました。。。


でも読んでみたいな。



大型絵本もあるようです。



焼かれた魚

61Pags-uspL__SL500_AA300_.jpg

nice!(1)  コメント(2) 

ぜつぼうの濁点 [本]

昨年小学校図書ボランティアをしているとき
「図書館にない本でお勧めのものがあったらお知らせください。
経費で購入します。」
と、お手紙が来たので、これをリクエストしました。



ぜつぼうの濁点




ひらがなの国で道端に濁点だけが落ちていました。こんなことあありえないと、ひらがなたちは興味津々です。話を聞くとその濁点は「ぜつぼう」の濁点だと言う。主人の「ぜつぼう」がいつもふさぎこんでいるのは自分とせいと思い、主人から離れることに。「ぜつぼう」は「せつぼう」になり濁点だけ道端に。「誰か私の主人になってください」と言う濁点にひらがなたちは。。。


このお話は低学年にはちょっと難しいと思いますが、
5.6年生にはいけると思うんですよね。


言葉遊びの面白さもありますが
もっと深い事も語っているようで
いろいろ考えてしまいます。



続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

新聞エコバッグ [本]

前から気になっていたので、図書館で借りてきました。











身近な新聞紙で作れるので、いいですね。


英字新聞や、カラフルな広告で作ると可愛いかな。




こっちも借りてみようかな。


新聞エコバッグの作り方 (小学館実用シリーズ LADY BIRD)

新聞エコバッグの作り方 (小学館実用シリーズ LADY BIRD)

  • 作者: 坂上 政子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/04/20
  • メディア: ムック



nice!(0)  コメント(0) 

小暮写眞館   (未読) [本]

やっと、やっとやっと来ました!!!



小暮写眞館 (書き下ろし100冊)

小暮写眞館 (書き下ろし100冊)






図書館に予約を入れたのは、昨年の7月。。。
やっと来ました!!



ということで、読みたいのは山々なれど、
今週は何かと忙しく、ガッツリ読めないので、ぼちぼち読み始めます。

楽しみな700ページだぜ!!
nice!(0)  コメント(0) 

謎解きはディナーのあとで [本]

図書館に予約を入れて早7ヶ月。。。
やっと私の番がやってきたわ!!



ということで、読みました。




謎解きはディナーのあとで

謎解きはディナーのあとで







。。。


待ちに待った本ですが、2時間ぐらいで読んでしまいました。


読みやすいです。
1話完結で6話。
あまり本を読まない人にも飽きずに読むことができそうです。
会話の軽妙さも入りやすいです。












「本格ミステリー」と銘打つのは、ちょっと大げさかな。
題名に「謎解き」と書いてあるのに、さほど複雑なトリックは無く
6話とも同じような展開(事件→お嬢様警察官が推理→壁にぶち当たる→執事が毒舌を吐きながら回答)。ドラマや、漫画を意識しての構成か。
心情的な部位も少なく、思い入れをどこに持っていったらいいのかわからない。
お嬢様と執事、お嬢様とその上司、の会話は面白いですけれど、それで終わっている感じ。




うん、図書館で借りといてよかったよ。

nice!(1)  コメント(2) 

あじさい色のコップ [本]

佐賀県で活動している
「佐賀県童話仲間の会 ブランコ」
の作品集です。



地方の同人誌だから、アマゾンさんには無いね。



気になる方は、西日本新聞にのっていたので↓をポチッと

あじさい色のコップ



他に「ブランコ」が出した作品にはこんなものがあります。

佐賀の童話 (県別ふるさと童話館)

佐賀の童話 (県別ふるさと童話館)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: リブリオ出版
  • 発売日: 2001/05
  • メディア: 単行本











え~っと、姉が参加させてもらっています[かわいい]




nice!(0)  コメント(0) 

どうしましょう・・・夏休みの読書感想文。 [本]

間もなく夏休みに突入ですね。

小6の次女も、いろいろ考えなくてはなりません。

この前、学校の保護者会で夏休みのことが話題に上がりり、宿題に読書感想文も出るとわかりました。



さて、どうしたものか。。。



本人曰く
『第2次世界大戦の頃の話が読みたい』
と言っています。





で、ちょっと調べていました。が、最近の本で児童書ってあまり無いですねぇ。












広島・長崎からの伝言 (岩崎少年文庫)

広島・長崎からの伝言 (岩崎少年文庫)

  • 作者: 大川 悦生
  • 出版社/メーカー: 岩崎書店
  • 発売日: 1990/07
  • メディア: 単行本





はばたけ 千羽鶴 (ちくま少年図書館 65)

はばたけ 千羽鶴 (ちくま少年図書館 65)

  • 作者: 豊田 清史
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 1982/07
  • メディア: 単行本







ガラスのうさぎ

ガラスのうさぎ

  • 作者: 高木 敏子
  • 出版社/メーカー: 金の星社
  • 発売日: 2000/03
  • メディア: 単行本







児童書ではありませんが、コレくらいは読めるかも。



月光の夏 (講談社文庫)

月光の夏 (講談社文庫)

  • 作者: 毛利 恒之
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1995/06/07
  • メディア: 文庫





戦争以外ならこんな本も読んでほしいなぁ。


夏の庭―The Friends (新潮文庫)

夏の庭―The Friends (新潮文庫)

  • 作者: 湯本 香樹実
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1994/03
  • メディア: 文庫



西の魔女が死んだ (新潮文庫)

西の魔女が死んだ (新潮文庫)

  • 作者: 梨木 香歩
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2001/07
  • メディア: 文庫



宇宙のみなしご

宇宙のみなしご

  • 作者: 森 絵都
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1994/11/10
  • メディア: 単行本



エンジェル・エンジェル・エンジェル (新潮文庫)

エンジェル・エンジェル・エンジェル (新潮文庫)

  • 作者: 梨木 香歩
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2004/02
  • メディア: 文庫



かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)

  • 作者: 万城目 学
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2010/01/27
  • メディア: 新書




どんな本を読んでくれるのでしょうかね。。。。
nice!(1)  コメント(1) 

彩雲国物語 紫闇の玉座 [本]

上下巻読みました。





彩雲国物語   紫闇の玉座(上)   (角川ビーンズ文庫)

彩雲国物語   紫闇の玉座(上)   (角川ビーンズ文庫)






彩雲国物語  紫闇の玉座(下) (角川ビーンズ文庫 46-22)

彩雲国物語 紫闇の玉座(下) (角川ビーンズ文庫 46-22)

  • 作者: 雪乃 紗衣
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/06/30
  • メディア: 文庫





完結です。


長かった。。。デビュー作としては異例の長さではなかろうか?


番外編含めて22冊。8年間の集大成です。






上巻は紅秀麗
下巻は紫劉輝

それぞれの努力と矜持と信念と優しさと愛。



少しありきたりのラストではありましたが、良い終わり方だと思います。











そしてなにより、旺季と晏樹ペアがいい味出してましたねぇ[揺れるハート]






いろいろ突っ込みどころはあるのですが
楽しい読み物でした[ぴかぴか(新しい)]



nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。